ページトップへ

Q66. C値とQ値は何ですか?

Q&Aひろば

Q66. C値とQ値は何ですか?

高気密高断熱住宅の性能を確かめる為の数値です。
C値は建物の気密性能を表す数値になります。実際の建物で気密測定機を用いて計測して数値を求めます。完成時に測定して数値が大きくても直す事は困難です。推奨の数値は0.7~1.0cm2/m2です。(ブルックリンスタイルではこの範囲で施工できるようにしています。)
C値は小さい方が高性能に成ります。建物1㎡にたいして建物の隙間がどのくらいの大きさなのかを示します。C値1.0で30坪の家の隙間の合計の大きさは10㎝x10㎝の穴に成ります。大きい穴のように感じますが、一般の住宅は15㎝x15㎝ぐらいの穴が開いてる計算になります。気密性能が良い家の利点は、 暖まった室内の空気が外に漏れにくい。 計画換気が取り易い。外部からの湿度が入りにくい。

Q値は建物の断熱性能を表す数値になります。 図面から計算にて算出して数値を求めます。推奨の数値は2.7w/m2.k(関東地域)以下です。(ブルックリンスタイルではこの範囲の断熱性能を有しています)
小さい方が高性能になります。 建物1㎡にたいして温度差が1℃の場合の必要な熱量を表しています。Q値2.7で30坪(99.17㎡)の家の場合で、外気温が0℃で室温20℃にしたい場合の必要な熱量を計算できます。

2.7x99.17x20=5355と成りますので、5355wの暖房が必要と言う事に成ります。Q値が2.2なら 2.2x99.17x20=4363と成りますので4363wの暖房で済む事に成ります。断熱性能の良い家の利点は 小さなエネルギーの冷暖房機で家全体の冷暖房が可能になります。必然的に省エネ住宅と成ります。

 

⇒Q&Aひろばにもどる

 

もっと詳しく知りたい方におすすめ

   

 

よくあるご質問(Q&A)